ピン芸人

エキスの抽出などに使用されるが、成分表示は免除されています。

脱ケミカル、ノンケミカルスキンケアのための化粧品探しをしていると、「キャリーオーバー」という言葉を目にすることがあります。
キャリーオーバーとはどのような意味なのでしょうか。

 

キャリーオーバーとは植物からエキスを抽出するときや、抽出したエキスを保存するために使用された化学物質が製品に残留してしまうことをいいます。
また、このようにして残った成分をキャリーオーバー成分と呼んでいます。

 

原料を保存するために合成保存料が使用されていたとしても、これはキャリーオーバー成分となるため、表示する必要がありません。
無添加と言われる化粧品でもキャリーオーバー成分として化学物質が混入している場合があると考えられるのです。

化粧品製造において、植物からエキスを抽出するのは時間がかかる工程のひとつであるため、時間・手間を省くため化学物質を使用しているメーカーもあるようです。
成分によっては発がん性が疑われているものもあります。
しかし、表示が義務付けられていない以上、消費者側はメーカーの良心に頼るしかないのが現状なのです。

 

オーガニック化粧品では原料の植物からエキスを抽出するために化学物質ではなく、水やアルコールを使用しています。
これは化学的な処理を加えずに、成分をゆっくりと抽出するため。

 

昔からアロエやどくだみなどを使った手作り化粧品でもアルコールを使用して成分を抽出していましたが、同じ原理と考えてよいでしょう。
(製品の一部に少量、非植物性成分を使用していますが、安全性の確かめられた成分です。)

 

キャリーオーバー成分の有無は、成分表示をチェックしても分かりません。
メーカーが持っている安全性の基準や企業としての理念などか判断することもできますが、疑問に感じたらメーカーに問い合わせてみる必要もあるのではないでしょうか。