ピン芸人

エコサートの化粧品に特化した認定基準「コスメビオ」

コスメビオ

グローバルなブランド力を持つフランスのオーガニック認証機関、エコサートが定める化粧品に特化した認定基準がコスメビオです。

 

エコサートが食品や繊維など多様な製品に対して認証を行っているのに対し、コスメビオは認定対象を化粧品に限定しているため、化粧品の原料や製品のあり方に対し、より細かい決まりが定められているともいえます。

 

それでは、コスメビオの認証基準を見てみましょう。

 

・原料の95%以上が植物原料であること

 

・植物成分について、95%がオーガニック原料であること

 

・キャリーオーバー成分を含めた全成分の表示を行うこと

 

・遺伝子組み換えした原料は使用しない

 

・動物実験は行わない

 

・自然の生態系を保護する配慮を行っていること

 

・製品に植物性原料の割合、オーガニック原料の割合を明記していること

 

・容器や包装はリサイクル可能なものや生物分解可能な素材を使用すること

 

・パラベンやフェノキシエタノールなどの合成保存料は使用していないこと

 

・パラフィン、シリコン、ポリエチレングリコールといった石油系合成成分を使用していないこと

 

・製品製造の過程で環境を汚染していないこと

 

 

一部抜粋ですが、これだけでもかなり厳しい基準であることが分かります。

 

また植物原料から精油を抽出するときに使用するアルコールや、原料を保存するために使用される酸化防止剤、防腐剤などをキャリーオーバー成分と呼んでいますが、
このキャリーオーバー成分について言及しているのもコスメビオの認定基準の特徴です。

 

日本では2001年に化粧品に関して、配合されている全成分を表示するよう義務付けられていますが、このキャリーオーバー成分に関しては表示する義務がありません。

 

微量といえども、こうした成分が入ってしまえば厳密な意味でオーガニックとは言えなくなってしまいます。
その点を考えても、コスメビオの認定を受けているコスメは安心して使用できるということができます。

 

おすすめオーガニックコスメ