ピン芸人

即効性は弱いけれど、使い続けるほどに効果が高まり、健康になる植物療法

自然由来の成分の力で肌を健やかな状態に導いてくれるオーガニック化粧品。

 

大手化粧品メーカーが扱う合成成分を使用した化粧品に比べ、安心して使用できるという声が多く、人気が高まっています。

 

ドイツやイギリスなどヨーロッパ諸国では化粧品の分野だけではなく、医療面でも昔から、このような自然の力を利用した植物療法が行われていました。

 

ここで植物療法と化学療法の違いについて考えてみましょう。

 

 

 

化学療法と植物療法の違い

まず化学療法から見てみましょう。

 

化学療法とはその名の通り、化学的に合成された成分を使用した薬を用いて病気の治療や予防を行う方法です。
効果が高い分、副作用やアレルギーを起こす可能性が高いのが化学療法の特徴です。

 

化粧品を使ったスキンケアは治療とは異なりますが、化学合成された成分を使用している化粧品はどちらかというと化学療法に近いアプローチ方法と言うことができます。

 

 

 

これに対して、植物療法はどうでしょうか。
ヨーロッパにおいて植物療法はフィトテラピーと呼ばれています。

 

ハーブをはじめとする植物を使用して薬を作り、その薬で病気を予防したり、治療を行ったりするのがこのフィトテラピーです。
現在でも風邪や不眠、不安やうつなどの軽い症状には化学療法で使用される化学合成された薬を用いるよりも、自然の力を利用して症状を改善するというフィトテラピーが好まれているようです。

 

フィトテラピーでは、さまざまな薬草を合わせて作られる煎じ茶や抽出エキスを飲用したり、エッセンシャルオイルを使用したトリートメントなどが行われます。

 

いずれも化学療法と比べると効果がゆるやかで副作用も少ないため、子供からお年寄りまで、幅広い世代に受け入れられていると言っていいでしょう。
ヨーロッパでは街中の薬局でも煎じ茶や抽出エキスを手軽に購入することができます。

 

まず、植物療法で様子を見て、症状が改善されなければ病院へ行くという人も多いようです。
ヨーロッパでオーガニック化粧品が一般的なのはこのような背景があるからかもしれませんね。

 

化学療法と植物療法の違い

オーガニック化粧品でのスキンケアは、まさにこのフィトテラピーと同様、
身体全体のバランスからホリスティック(全体的)に肌を育てていくというところに特徴があります。

 

即効性もあるけれど副反応も強いというコスメでは、この先5年、10年と美しい肌をキープしていくことは難しいのでなないでしょうか。

 

肌に良いもので、じっくりと、そして効果的に美しい肌を育てて行けるのがオーガニック化粧品の魅力といえるでしょう。

 

おすすめオーガニックコスメ